へバーデン結節(シニア世代)

宝塚市内で「へバーデン結節」による指の第1関節の痛みを治す治療をお探しの方へ

あなたのへバーデン結節の指の痛みは改善します。

へバーデン結節とは、手の指の第1関節(DIP関節)に痛みがあり、第1関節が変形してしまう原因不明と言われる指の症状です。 人差し指から小指の第1関節が赤く腫れたり、指を曲げようとしても痛みがあり、指の動きがこわばったりしてしまいます。そして、第1関節の骨が角ばってきたり、水ぶくれのようにぷくっと腫れてしまうこともあります。

へバーデン結節の症状は

へバーデン結節の症状は手の指の第1関節の変形と痛みです。リウマチも指が痛くなったり、変形をしたりするので似ている症状ですが、へバーデン結節は指だけの炎症だけですので、全身の関節が痛んでくるリウマチとは全く違う症状です。

・指の第1関節がポコッと腫れる
・第1関節、指が曲がりにくい
・第1関節が赤く腫れる
・第1関節にカクカクした角が出てきた
・指がこわ張る
・物が握りにくくなり何かと不便を感じる
・瓶のふたが開けられない
・ペットボトルのキャップが上手く回せない

などが「へバーデン結節」の症状として挙げられ、日常のちょっとした動作が痛みのためしにくくなります。

40歳代以降の女性で、お仕事で手を良く使うとか、趣味で指をこまかく使う事をなさる人がなりやすい傾向があると、一般的に言われています。

しかし、40歳代以上の女性で手をよく使う方でも、へバーデン結節になっていない方は大勢います。
なぜ、あなただけに痛みが起こっているのでしょうか?その理由を説明していきます。

へバーデン結節により第1関節が痛んだり、変形してしまう本当の原因は・・?? それは、腕の「筋膜のコリ」と「ホルモンバランス」にあるのです。

よく言われるのが、へバーデン結節による第1関節の炎症は手や指の使い過ぎから、関節の炎症や痛み変形がおこると思われがちですが、同じように手や指先をたくさん使っているお仕事の方や、こまかな手作業がある職業の方が、みなさんへバーデン結節になるわけではありません。

このことからも、必ずしも指の「使い過ぎ」だけが原因という事ではないのです。

また、へバーデン結節で第1関節の痛みでお困りの方の多くが、首から肩にかけてコリが強く、背中にも張り感があり、そして、肩から腕、にかけての筋肉のコリや手首の関節の硬さがあります。特に肘から先の前腕部分の筋肉がすごく硬くなってる方が多いのです。

肘から先の腕のコリやこわ張りを起こすのは、筋肉を包む膜の筋膜のコリも影響してるのです。

筋膜とは、筋肉や骨などを覆う薄い膜で皮膚のすぐ下にもあり、へバーデン結節により第1関節が痛むのは、肘から先の腕全体の筋膜が硬くなるのも大きな原因です。 筋膜が硬くなるイメージですが、例えると、キツめの長いゴム手袋を肘まではめて、手首や指を細かく動かすような状態を想像してみてください。

肘まであるサイズが小さいゴム手袋だと、手首を動かすと指先は強く引っ張られ、第1関節はこわ張ってスムーズに動かせなくなります。

このような筋膜がガチガチになった状態で毎日生活で腕を使い続けると、指の第1関節に負担が集中して関節の痛みやこわばりがおこってしまい、へバーデン結節を引き起こしてしまう事になるのです。

へバーデン結節もう一つの原因が「ホルモンバランス」の変化です。

更年期の女性が、へバーデン結節になりやすいのは、エストロゲンと言うホルモンの働きが悪くなるので、指がむくみやすくなり、第1関節の腱や関節に炎症や腫れ痛みが起こりやすくなるのです。

へバーデン結節は放っておけば痛みが消える事がありますが、痛みをそのままにしてると、ますます第1関節の変形が進んでしまいます。

クリニックや整形外科では、「強い痛みや関節の腫れなどの時期を過ぎれば、第1関節の変形は落ち着いて痛みはなくなりますよ。」と、言われて痛み止めとシップなどを渡されて「しばらくは、様子を見てください」と言われたと思います。
確かにへバーデン結節はそのままにしていても、痛みが無くなるかもしれませんが、いつまでもツライ痛みを辛抱したりするのもストレスがありますし、なにより、痛みのある時には第1関節の変形が進んでしまいます。

へバーデン結節はお一人お一人によって、痛みの出る指、変形の進み具合はそれぞれ違います。
その方のへバーデン結節の原因・要因となっているものを診ていき、それを、取り除く治療をしていけば早期に指の痛みは改善していきます。

ヘバーデン結節の痛みを治すために大切な3つの治療方法。痛みのある指だけ治療をしても治りません。

ヘバーデン結節で痛んでしまった指や変形の正しい原因を追及して、その原因に対して適切な治療をしていくので、指の痛みが改善されるのです。
整形外科やペインクリニック、整骨院などで関節の症状だととらえての治療だけでは治らないかもしれません。
指の痛みを取るとともに、再発が起きないようなおカラダ作りをしていきましょう。

その1 肩こり、腕のコリを徹底して治し血流、リンパの流れを良くします。

へバーデン結節でお悩みの方の多くは慢性の首から肩のこりになっています。 特に、肩甲骨周辺の筋肉のコリがひどいようだと、腕の血流を妨げてしまうので、へバーデン結節による第1関節の痛みがひどくなってしまいます。

手のこわ張りや、指の痛みだけを治していくだけでなく、全身の筋肉のコリやこわばりを和らげることで、へバーデン結節により痛みのある第1関節の動きが柔らかくなってきます。

その2 肘から先の筋膜リリースで痛みとこわばりを取り除きます。

へバーデン結節の痛みを取るためには、肘から先の筋肉のコリと、伸びなくなってる筋膜を柔らかくすることがとても重要です。
筋膜は神経もリンパも覆っているので、この緊張を取り除くと痛みを感じている神経も緩和されたり、水分の流れも良くなるので、関節の腫れが引き痛みも解消されていくのです。

へバーデン結節になる方は、肘から指先までの筋膜を柔らかく緩めると、手首や指の関節がしなやかに動くようになってきます。

その3 鍼灸のツボでホルモンバランスを整えて、更年期におこるへバーデン結節に正しくアプローチしていきます。

へバーデン結節による関節の痛みは女性のホルモンバランスを整えると痛みの解消に効果があります。女性ホルモンのエストロゲン量が少なくなると関節などに痛みが出てきます。問題はエストロゲンの量が少なる量よりも減少幅です。

急激に少なくなると、おカラダの反応が上手くいかなくなり、それが更年期のいろいろな症状を出してしまうのです。その中で、より関節に変調をきたしてしまうとへバーデン結節になるわけなのです。

更年期の頃にへバーデン結節にお悩みになる方が増えてくるのは、女性ホルモンの変動と関係してると考えるのが自然だと思います。

そこで、女性のおカラダにやさしく効く鍼灸で、ホルモンのバランスが整うように治療をしていくことで痛みが和らぎ、痛みのストレスによって乱れていた自律神経も落ち着くので指の痛みが緩和されるのです。

へバーデン結節の痛みは治ります。

へバーデン結節によって、指の関節が腫れてる、痛む、動かしにくい、そのような悩みは女性にとってお仕事や家事に差しさわりがあるだけでなく、指の変形は見た目にも気になり憂鬱な気分になっていきます。
痛みの変形も適切な治療で解決していくことが出来ますので、どんなことでも当院にご相談ください。

料金について

●お勧めの治療コース
へバーデン結節解消プログラムマンスリーコース 1カ月の会費10.000円
治療費 6000円 (別途衛生材料代500円)

マンスリーコースに入会されて、1ヶ月の間は何度でも集中治療を受けてもらえる治療のコースです。 通常6.000円の料金が半額の3.000円になります。

受付:9:00~13:00/15:00~19:30    

土曜9:00~15:00/水曜9:00~11:00
休診:水曜午後、日曜、祝日

住所:宝塚市中筋4丁目9-5(駐車場あり2台)
最寄駅:中山寺駅徒歩2分 中山観音駅徒歩7分

ページのトップへ戻る