スマホ老眼(レディスケア)

宝塚市内で「スマホ老眼」の疲れ目を治す治療をお探しの方へ

目の酷使で「スマホ老眼の疲れ目」に悩まされている方は、スマホ老眼サポート治療で目の疲れを解消しませんか

遠くは見えるけど、手元の資料や近くがぼやける・・・目がかすんで見にくくなったり、目の疲れが最近気になる・・。当院にも肩こりの治療でお越しの患者さんがよくおっしゃるのが、「これって、最近言われるスマホ老眼かしら・・・?」

スマホやタブレットの端末を見る時間が長ったり、PCを使っての長時間のデスクワークなどで、いつも目を酷使してる状態では、目のかすみや目が乾燥するなどで近くが見にくい、細かな文字がぼやけて見えないなど、40代以降になると「スマホ老眼」と呼ばれる目の疲れがでてきます。

「スマホ老眼」とはその名のとおり、スマートフォンを見続けるとおこります。

スマホやPCの操作などは同じ距離に視点が合わせっぱなしになり、一点を見つめて目を大きく動かさないので、目の周りの筋肉がコリ、血の巡りがとても悪くなり目が疲れてくるのです。

例えて言うと、肩こりをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。
肩や首の筋肉をずっと使い続けていると、筋肉が硬くなって血流が悪くなり老廃物が溜まり、コリやこわ張り、痛みが出てくるように、目の筋肉も同様にスマホやPCの画面を見続けると、目の動きなないので 視点を合わせるピントの調整をする役目の「毛様体筋」と呼ばれる筋肉が、コリかたまって動かなくなり、近くも遠くも見えにくくなってしまうのです。
このような、ピント調整が悪くなった「スマホ老眼」と呼ばれる、目の不調を治していくには、ライフスタイルの見直しと、首・肩こりや目の周りのコリもしっかりと治していくと「スマホ老眼」対策になり疲れ目の予防にもなっていくのです。

東洋医学の鍼灸の考えは、目はとてもたくさんの血を使います。
目のコリからおこってしまうスマホ老眼の疲れ目は、目の貧血状態なのです。

東洋医学の鍼灸では目には精血が注いでいると考えられています。これらが不足すると、目がショボショボする、近くが見にくい、細かな文字がぼやけるなどの疲れ目や、そして老眼などの症状が現れてきます。
精とはエネルギーの意味で、目の場合だと、ピント調整をしたり、まばたきなどの動きと関係があり、血とは栄養の意味で、一日中近くを見続ける作業だと、目を使いすぎる事で精血が消耗してしまいます。なので目に精血が少なくなると、かすみやドライアイ、目の奥が痛くなるなどの症状が起こってきます。

東洋医学の鍼灸治療では、スマホ老眼の疲れ目などには、目に必要な精血を補うことで眼の症状の解消をしていきます。
そして、「目だけが調子が悪い」事はないので、肩こりや頭痛なども一緒に治していき根本からスマホ老眼の原因を診ていきます。スマホ老眼などの疲れ目の鍼灸整体治療は、目だけを治すのではなく、コリや痛み疲れのないおカラダにしていくことができる、最適な治療法なのです。

目は脳の出先機関。スマホ老眼は目だけでなく脳も疲労しています!!

スマホ老眼の疲れ目をガマンしながらそのままにしていると、見にくいばかりでなく、さらにピントが合わせづらくなってしまいます。
目のショボつき、ドライアイ、目の奥の痛み、がおこってしまい老眼の進行が早まるばかりでなく、肩こりや頭痛、慢性的なおカラダ疲労の状態になってしまいます。

本や資料などの文字を見るのも嫌になったり、パソコン作業を始めるとスグに目の奥が痛くなったり、ひどい頭痛や肩こりや首のコリ、痛みが出て、おカラダにも深刻な影響が出てくるようになってしまうかもしれません。そのようになると、痛みやコリだけでなく、ヤル気や根気が減退してストレスが溜まってお仕事の効率がガクンと落ちてしまいます。

スマホ老眼や眼精疲労と聞くと「目だけの問題」と思われますが、物を見て情報として受け取るのは、視神経と大脳です。

それは、目は脳の出先機関と言われるくらいに、とても精密な感覚器なのです。目の疲れは脳の疲れとしてリンクするので、目の疲れが頭痛を引き起こすことでお分かりできるとおもいます。

このように、目の症状をそのままにしておくと、脳の疲労がますます蓄積されるので、より強いストレスサインが出るようになってしまいます。

そして、ピント調整をする毛様体筋は、目の心臓といわれるほど重要な筋肉組織です。

目のピントを調整する水晶体は、40歳を越えるころから硬く膨らみづらくなり、目のピントが合う範囲が非常に狭くなります。スマホ老眼を予防するためには、この水晶体の動きをスムーズにする毛様体筋のコリや疲労を取っていくことがとても大切です。

スマホ老眼や眼精疲労などの疲れ目を治すには、目の筋肉の疲れをとり、何より脳の疲れを解消できる治療がとても重要です。

宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院の「スマホ老眼サポート治療」

「スマホ老眼サポート治療」は首から肩のコリや痛みと、脳疲労も取っていくので「スマホ老眼」の原因を根本的に治していき、目の疲れが起こらないおカラダ作りが鍼灸や整体で治療できるのです。

5つのポイントを治していき、スマホ老眼の疲れ目を解消させていきます。

スマホ老眼の疲れ目には、目の奥に直接効く鍼灸治療

スマホ老眼の疲れ目を解消する鍼灸や整体治療は、ピント機能を整える毛様体筋のコリや眼底への血の巡りを直接的に良くしていきます。

おカラダには目の疲れを取って健康に役立つツボがいくつかあります。

目頭にあるツボの「晴明 せいめい」や、こめかみのツボは「太陽 たいよう」などは目が疲れてる時に、押したりしてると思います。「晴明」のツボは見え方が晴れわたるように明るく、「太陽」のツボは文字がシッカリ太くクリアに見えるようになります。
それらのツボを鍼灸の治療で使っていく事で、目のマッサージや疲れ目体操、そして、眼薬などでは効かない疲れた目の奥にまで治療の効果を届けることが出来るのです。

目だけでなくおカラダもしっかりと整えられるのが鍼灸です。

スマホ老眼の疲れ目による見えにくさは精血不足のサインです。

東洋医学的には、「精と血」のエネルギーが眼の機能と関連が深いとされています。
そのために目のエネルギーである精血を補うことで、見えにくさを解消していきます。

そして、東洋医学の観点から目だけではなくおカラダ全体におこる他の症状にも、目と関連があるので治療をしていきます。

「光明(こうみょう)をもたらす」などのことわざもあるように、あしの外くるぶしの上に「光明 こうめい」と呼ばれるツボがあります。
目のエネルギーである精と血を増やす「肝」の働きと深いつながりがあるので、この足のにある「光明」のツボなども治療に使うことで、スマホ老眼の疲れ目に大変効果があがります。

鍼灸の大学でも眼底血流量が明らかに増すのが実証されてるそうです。その結果、「光明」と言うツボの名前そのままに、目が明るくなったり、かすみ目が改善されるなど、目に対して非常によい効果がある事が確かめられています。

肩こりや首のコリこわ張りを取って脳への血液をしっかりと流していきます。

肩や首の筋肉がコリ固まっているので、それを解消するアプローチを中心に、スマホ老眼の疲れ目が引き起こす、さまざまなおカラダ全体のツライ症状を取る鍼灸整体を行います。肩こりや首のこりを解消していく鍼灸や整体で脳の血流も良くなり頭のコリもほぐれ目の疲れも回復しやすくなります。
目が疲労している場合は、脳もかなり疲れているはずです。脳を「覚醒させる」 目は脳の出先機関と言われるくらいなので、疲れた状態が長く続けば続くほど脳疲労も蓄積されています。

脳疲労やストレスには「てい鍼脳活療法」
スマホ老眼の疲れ目は「脳」も疲れているのです。

スマホ老眼による疲れ目には、肩コリ・首コリや、何となくの倦怠感、お仕事のお疲れなど疲労にはいろいろな種類がありますが、すべての疲労の根本は「脳が疲労」することにより起こります。

目が疲れるのは脳も疲れるので、大脳の情報処理が追いつかなくなると、脳から「疲れた」メッセージが目や首や肩に、そしておカラダのあちらこちらに送られるのです。

スマホ老眼の疲れ目を根本から治すには、ささない鍼の「脳活てい鍼療法」で頭のツボや経絡の気を整えていき、疲れた脳も癒して脳の疲労を回復させていき目の症状を解消させていきます。

自律神経も整えて疲れないおカラダになる「自律神経リセット治療」

スマホ老眼の疲れ目でお悩みの方の中には、首の痛み、頭痛、食欲が無い、手足の冷えや疲労感など、いくつもの症状や、なかなか回復しない症状でお困りの方もいらっしゃいます。目だけの症状でなく、なかなか治らないお悩みの症状の原因は自律神経の失調です。
ある一つの症状だけに治療をしても治らないのは、自律神経のバランスに問題があるのです。

東洋医学や鍼灸は、コリや痛みとともに、その原因の自律神経失調にも治療をするので、元気で健康的な「疲れのないおカラダ」に改善させていきます。

料金について

●スマホ老眼のお勧めの治療コース
治療費 6,000円 (別途衛生材料代500円)
スマホ老眼解消プログラムマンスリーコース 1カ月の会費10,000円
マンスリーコースに入会されると、1ヶ月の間は何度でも治療費が半額で集中治療を受けてもらえる治療のコースです。
通常6,000円の料金が半額の3,000円になります。

受付:9:00~13:00/15:00~19:30    

土曜9:00~15:00/水曜9:00~11:00
休診:水曜午後、日曜、祝日

住所:宝塚市中筋4丁目9-5(駐車場あり2台)
最寄駅:中山寺駅徒歩2分 中山観音駅徒歩7分

ページのトップへ戻る