テニス肘(赤ちゃんから小中高生)

宝塚でスポーツ鍼灸整体の治療「テニス肘」などの治し方

成長痛の肘の痛み「テニス肘」などの肘や腕のスポーツ障害を治す治療を宝塚市でお探しの方へ

(スポーツ障害により肘が痛む理由を書いていますが、年齢、スポーツの有無に関係なく、なかなか治らない痛みの肘の痛み、慢性化した肘関節の痛みの方は読み進めて下さい。治療が必要と感じましたら年齢性別に関係なくお早目の受診をお勧めします。)

「テニス肘」の肘や腕の痛みは成長痛だから治らない、運動をしてるスポーツ障害だから仕方がない。そんなことはありません。年齢や状態に合わせた適切な治療で必ず治ります。

テニス肘とは、ひじの内側、ひじの外側どちらにも痛みが出る症状の事を表す。
別名で、正確には「上腕骨内側上顆炎」「上腕骨外側上顆炎」といいます。

テニスをされる方によくみられる肘が痛くなるスポーツ障害です。

同じような肘に痛みが出るスポーツは、バトミントン・卓球などラケットを使ったり、剣道・なぎなたなどの竹刀などを使う競技の方もテニス肘と同じような肘の痛みが出てしまいます。

もちろん、テニスをしている、していないに関係なく、手首や腕をよく使う作業をする方にも肘の痛みが起こるケースもあり、そのような場合も便宜的に、肘が痛いのを「テニス肘」と言われることがあるのです。

■テニス肘や肘の痛みの症状は?

・物を持ちあがると肘の外側、または内側が痛む
・タオルなどを絞ると肘の内側や外側が痛い
・腕の曲げ伸ばしで肘が痛む
・テニスをしている時に痛みがある。

などが挙げられます。

テニスをしてる方がだと分かりやすいと思いますが、フォアハンドでボールを打つと、肘の内側に負担になるので、「上腕骨内側上顆炎のテニス肘」になり、バックハンドでボールを打つと肘の外側に力が入るので「上腕骨外側上顆炎のテニス肘」になってしまいます。

ムリにテニスをしたり、テニスをしてないのに肘が痛む方は、そのままにしてると握力も低下したり、痛みが激痛になったしまうと厄介な「テニス肘」になってしまいます。肘の痛みを早く治すためには、なるべく早めの治療をお勧めします。

■テニス肘がなかなか治らない痛みになってしまう理由

テニスのし過ぎや、日常でのお仕事で肘が痛んだので、病院や整形外科で診てもらうと痛みの原因は使いすぎで筋肉が傷んでるからです。と診断され、「テニスはしばらくお休みしてください。」「腕を使う作業は控えてください。」などと先生から言われて、あとは痛み止めとシップで様子を見ることに。

これで治るようであれば、軽症のテニス肘です。

しかし、特にムリをした訳でもなくいつもと同じくらいのプレーで痛んでしまったりするのはナゼなんでしょうか・・?
そして、テニスをされてなくて、お仕事でもそれほど重い物を持ったり、腕の負担になるような作業でもないのに病院でテニス肘と言われたのも、今一つ納得がいかないかもしれません。

・テニス肘や肘や腕の痛みが治らない理由その1

「筋膜の疲れがなかなか治らない慢性化したテニス肘の原因です」

テニス肘と診断され、その理由が「使いすぎ」や「腕の負担になるようなことがあった」などで肘や腕が痛むと診断を受けたと思います。

その使い過ぎをもう少し説明してみます。

テニスやバトミントンなど腕で用具を使う競技は、筋肉をダイナミックに動かすので肘に大きな負担になります。

部活動を毎日してる中高生や、週末に熱心に練習をするジュニアアスリートの子どもであれば運動負荷による、筋肉の使いすぎで傷んだ純粋なテニス肘です。

筋肉の炎症だけであれば野球肘の治りも早く、しばらく安静にするだけで肘の痛みが無くなるのですが、なかなか治らない慢性の肘の痛みになってしまうのは、痛みの原因が「筋膜」にまで及んでしまってるのと、日常生活の「使いすぎ・使い方」に痛みが治らない理由があるのです。

少年野球のお子さんや、部活動を頑張ってる中高生、週末に野球を楽しんでる大人の方も、肘の慢性的な痛みが続くようだと、指を動かす筋肉が疲労を起こし、それを包む「筋膜」が硬くなるからなのです。

筋膜が硬くなると血管が収縮して回復や修復に時間がかかり、痛みや炎症を増幅させてしまいます。
そして、週末や休日にテニスなどをするくらいの大人の方は、たぶん毎日、素振りをしたり、腕の筋肉をトレーニングして酷使することなどは無いので「使いすぎ」てはないのですが、デスクワークの多い方であれば、パソコンのキーボードを一日中使っていたり、スマホの細かな操作や、お仕事で書類などを書く際の筆圧が高いなどの「使い方」に問題があり、それが肘の負担になって肘への痛みが長引いてしまっているのです。

痛みのある関節・筋肉だけのアプローチでは十分に回復しない場合は、筋膜の硬さを取ることで、なかなか治らない痛みの野球肘も解消していくのです。

・テニス肘や肘や腕の痛みが治らない理由その2

「肩甲骨を動くようにすればテニス肘にはなりません」

テニスなどのスポーツで、ボールを打つ時には「手首」にも「肘」にも「肩」にも力が入り、腕全体を使ってプレーしています。

そしてそのプレーでの負担が高まりすぎたところが痛くなるので、肘が痛くなると「テニス肘」に、肩が痛くなると「テニス肩」など呼ばれます。 しかし、肘の部分に負担が集中する本当の原因は、「肩甲骨の動きが硬い」ことです。 手首を使ったり、肘の筋肉に力が入るのも、背中や体幹部分の筋肉が働いてくれるからです。

特に、ラケットを振る腕の動きをスムーズにしたり、ボールを打った時に腕や肘・肩に受ける衝撃を吸収してくれるのが、肩甲骨の動きなのです。

肩甲骨の動きが硬いままだと、肘や手首・腕の力が余計に入り、肘の関節への大きな負担になってしまいます。

■テニス肘が治らない理由その3

「筋トレで痛みが引かなくなる」

テニス肘を早く治したり、今後再発しないようにするために、筋トレを勧められたり、されてる方がいますが、おやめになった方が良いと考えます。
このHPを見てる方は、テニス肘を治したいと思ってご覧になってると思います。
痛みが少しでもある段階では、筋トレは治りを遅らせる逆効果になりかねません。

筋トレを始めるタイミングを間違えたり、特に小学生くらいのジュニア期にウエート負荷をかけての筋トレをすると関節、筋肉、靭帯に負担になることになります。
ストレッチや筋トレ、マッサージなどのトレーニング法やケアを間違えると筋肉の組織が傷んでしまいます。

筋トレやストレッチなどのエクササイズは、適切な方法、タイミングでないと逆効果になってしまうここにもなりかねません
これら3つの理由で、なかなか治らないテニス肘になってしまっているのです。

■テニス肘を治す治療はおカラダ全体も診ていくことです

・ハリニックのテニス肘回復鍼灸整体の治療

まずは痛みを取るために、腕の筋膜リリース治療でテニス肘の痛みを根本から治していきます。

そして、体幹部分の柔軟性を高めていき、特に肩甲骨の可動域を拡げていくと、パフォーマンスが驚くほど向上してきます。

テニスの道具や用具の変更、買い替え以上の効果がプレーに出て、通院されてる方からパフォーマンスが高まったと喜ばれています。

テニス肘の痛みが無くなるように、日常の腕のケアや、テニスなどのスポーツをされている方であれば、プレー前後のトレーニング、ストレッチなどもお伝えしていきます。

腕の痛み、テニス肘の痛みから解放されると、痛みのストレスや痛みのあることでのおカラダの動きのクセが無くなるので、お仕事やテニスが力が抜けてできるようになり、お疲れも無くなってきます。

お早めに適切な治療を受けて頂き、思いっきりプレーできるように、そして、毎日健康元気に過ごせるようにお手伝いをできたらと考えています。

料金について

●アスリートケアにお勧めの治療コース
「スポーツ障害解消プログラム」マンスリーコース
1カ月の会費10,000円

マンスリーコースに入会すると、1ヶ月の間は何度でも集中治療を受けてもらえる治療のコースです。
通常 高校生まで4.000円・大人6.000円の治療費が半額の2.000円・3.000円になります。
(別途衛生材料代500円)

受付:9:00~13:00/15:00~19:30    

土曜9:00~15:00/水曜9:00~11:00
休診:水曜午後、日曜、祝日

住所:宝塚市中筋4丁目9-5(駐車場あり2台)
最寄駅:中山寺駅徒歩2分 中山観音駅徒歩7分

ページのトップへ戻る