シンスプリント(赤ちゃんから小中高生)

宝塚で子どものスポーツ鍼灸整体の治療<シンスプリント>の治し方

成長痛のスネの痛み!スポーツ障害「シンスプリント」の治し方を宝塚でお探しの方へ

「シンスプリント」の痛みは成長痛だから治らない、スポーツ障害は運動をしてるから仕方がない。そんなことはありません。年齢や症状に合わせ、根本の原因にアプローチすれば必ず治ります。

同じように部活や運動やスポーツをしていても、「シンスプリント」で脛が痛くなる子もいれば、「シンスプリント」のスネの痛みが出ない子もいます。 成長過程の痛みである成長痛というのでれば、同じ運動をしてる多くの子が「シンスプリント」になるはずです。
「シンスプリント」によるふくらはぎやスネが痛くなったりならなっかったりするには、理由や原因があるのです。

スポーツ障害の「シンスプリント」脛が痛くなる原因はオーバーユースだけではありません。

10歳くらいから中学生くらいまでの成長期で、サッカーや野球に一生懸命に打ち込んでいたり、休日返上で部活動や競技の練習をしてる子供たちにおこる、スネやふくらはぎの痛みの事を「シンスプリント」と呼んでいます。

「シンスプリント」とは「脛骨疲労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)」が正式な診断名です。

特に、陸上部や野球のトレーニングなどでよく走ったり、バスケットやサッカーなど走ったり止まったりの、ゴーストップの多い競技が「シンスプリント」になりやすいです。
まだ、足の骨や筋肉、関節などカラダが十分に成長しきっていない年齢や体力で、運動やスポーツ、部活動を熱心にしていたり、アスリートのレベルで競技に打ち込んでいたりすると「シンスプリント」によるスネやふくらはぎが痛む症状が出てきます。
病院や整形外科で「シンスプリント」と診断されると「数週間くらいのあいだは、しばらく部活動やスポーツを控えてください。」と先生から言われてしまいます。
「シンスプリント」によるスネやふくらはぎの痛みの出始めの頃は、基本的に安静をしていただきますが、「シンスプリント」でもきちんと治療とケアをすれば、早期にスポーツや競技、部活動に復帰して、また思い切ってプレーができるようになりますのでご安心ください。

安静だけでは「シンスプリント」の痛みはなかなか良くなっていきません。
いったん、治まっ手も復帰すると痛みが再発する、スネやふくらはぎの痛みでも、その原因を追及していく治療をするので治ります。

「シンスプリント」による、スネやふくらはぎの痛みの原因は疲労による筋肉痛と骨膜の炎症です。 痛みが起こってしまった原因が疲労からなので、運動をしばらくお休みをしていていると痛みが治まりますが、練習を再開するとまた、スグにスネやふくらはぎが痛くなるのは安静だけでは治りにくい「シンスプリント」になっているのかもしれません。

シンスプリンがなかなか治らない理由は、股関節と足首の柔軟性の低下です。

最初は安静にしていたら治っていた「シンスプリント」によるスネやふくらはぎの痛みですが、練習を再開するとまた痛んできたり、「シンスプリント」を治すためにいろいろな治療やケアをしても痛みが無くならないのは、もしかしたらその治療の方法と原因へのアプローチが合っていないのかもしれません。

「シンスプリント」によるスネやふくらはぎの痛みを再発せずにシッカリと治すためには、シンスプリンになった本当の原因を診て治療とケアを受けることが大切です。

スネやふくらはぎの痛みは、基本的には使いすぎによる筋肉の疲労で硬くなり、筋肉痛や骨膜の炎症が起こるからなのですが、本当の原因はスネやふくらはぎだけでないのです。 では、「シンスプリン」で足やスネが痛いのは何が原因になってるのか?。

長年の治療と、多くのお子さんたち、ジュニアアスリーを診ての経験で、シンスプリントになる子とならない子の決定的な違いは「股関節と足首の動きが硬くなってしまってる」という事を突き止めました。

「シンスプリント」による膝やふくらはぎの痛みを治すには柔軟な股関節と足首にすれば痛みはなくなります。

股関節の動きが柔らかだと、ジャンプをした際の着地の時にかかるふくらはぎへのショックや、ボールをけったりするスネの裏側の筋肉への衝撃、ゴーストップで膝にかかる負担を吸収してくれるので、膝の関節やふくらはぎの筋肉にかかる負担が少なくなり、「シンスプリント」にはなりまん。

「シンスプリン」によるスネやふくらはぎに痛みが起こるのは、足首の筋肉や、股関節の柔軟性が運動の疲労により硬くなってしまった状態であったり、カラダ全体の柔軟性がないと、ひざ関節や足首の動きが悪くなったりするので、膝から下の筋肉に負担がかかりすぎているからです。
このように、「シンスプリント」の痛みのプロセスをしっかりと診ていき、筋肉の硬さや、股関節や足首の動きの悪さを改善することで安静にしても治らない「シンスプリント」のスネやふくらはぎの痛みが解消されていくのです。

お子さんの競技によって「シンスプリント」のスネやふくらはぎの痛みの原因は違います。
それにあったアプローチで足の痛みを治していきます。

「シンスプリント」によるスネやふくらはぎの痛みが出る原因は、お子さんがなさってるスポーツや競技によって違いますし、ポジションによっても足への負担が違ってきます。

そして、重要なのがお子さんのカラダの柔軟性がどの程度あるのかで痛くなるところも、筋肉が硬くなる所も違ってきます。

今まで、何人もの「シンスプリント」のスネやふくらはぎの痛みで、スポーツや競技からお休みしてるお子さんを見てきましたが、股関節からハムストリングの動きが硬いお子さんが、「シンスプリント」のスネやふくらはぎの痛みが長引いてるように感じています。
足の痛みのある時はまずは安静にして、膝から下の筋肉を休ませてあげてください。

そのうえで「シンスプリント」による足やふくらはぎの痛みの原因が、股関節や足首の関節の硬さが影響してると分かるとお子さん自身が、ストレッチやセルフケアに治療に取り組んでくれるようになります。

柔軟性が高まったおカラダになるとスポーツや競技に復帰するのに支障や不安も無くなるので、前向きに積極的に「シンスプリント」の再発予防にもなっていきます。

お子さんの状態に合わせてしっかりと治る治療をしていくことで、痛みが無くなり早くにスポーツや競技に復帰できるようになります。そして、「シンスプリント」を再発させないセルフケアを行ってもらうことで、今まで以上にケガに強い柔軟なカラダになり競技パフォーマンスも向上します。

ハリニックの子供の鍼灸整体を検討されてる親御さんへ

「シンスプリント」による膝やふくらはぎの痛みを早くに解消するには、早目に治療を受けていただくことをお勧めします。 「シンスプリント」になるくらいにスポーツに打ち込んでるお子さんだと、遊びの延長で運動やスポーツをしているのではなく、いわゆるアスリートの競技レベルだと思います。 そうであれば、ストレッチやエクササイズなどのトレーニングや早くに故障の痛みを治すこと、疲労をおこさないおカラダのセルフケア、競技のパフォーマンスの向上などの知識などはプロの治療やサポートをお考えください。
親御さんに気を付けて頂きたいのが、練習やトレーニングを頑張っている子供に「何か親として手伝えることはないのか・・?」とお考えになり、練習後にマッサージをしたり、ストレッチを手伝ってあげることをされてると思います。

練習後のマッサージやストレッチは、おカラダのケアにはすごく効果的ですが大人と子供では筋肉の付き方や運動後の回復が違いますので、適切でないケアをしたことで余計にこじらせてしまいまうことがあります。
筋肉や関節・骨の構造やメカニズムを知らないで、力を入れてマッサージやストレッチをするとお子さんのケアどころか、逆にケガをしたり痛みが治らなくなってしまうことになりかねません。

大切なお子さんのおカラダへのケアはお任せください。早く競技に復帰して思いっきり、伸び伸びとプレーできるコンディションにしていきます。

親御さんがお子さんになさるマッサージは「スキンシップ」「コミュニケーション」の延長だとお考えになって頂き、練習でクタクタに疲れた心身のサポートをしてあげてください。
そのうえで治すための治療はプロが行うケアにお任せください。

なかなか治らない「シンスプリント」の膝やふくらはぎの痛みでお悩みでしたら何でもご相談ください。
今、受けている治療でなぜ改善しないのか、ご自宅でできる成長期の子供に起こるおカラダのケガとメンタルの効果的なケアの方法、親御さんにしてほしいマッサージやストレッチ、パフォーマンスを高める食事の摂り方、当院の治療法などを詳しく説明していきますので、一度ご相談にお見えになってください。

料金について

●アスリートケアにお勧めの治療コース
「スポーツ障害解消プログラム」マンスリーコース
1カ月の会費10,000円
通常の治療費4.000円 (別途衛生材料代500円)

マンスリーコースに入会して1ヶ月の間は何度でも集中治療を受けてもらえる治療のコースです。
通常4.000円の料金が半額の2.000円になります。

受付:9:00~13:00/15:00~19:30    

土曜9:00~15:00/水曜9:00~11:00
休診:水曜午後、日曜、祝日

住所:宝塚市中筋4丁目9-5(駐車場あり2台)
最寄駅:中山寺駅徒歩2分 中山観音駅徒歩7分

ページのトップへ戻る